つかず、離れず



生まれ育った土地に妻と子供と帰ってきた

あの頃より歳をとった両親とまた暮らす

[母屋]と[離れ]で

支えあって生きていく


    

時には甘えたり

時には離れたり

ひとつ屋根の下ではないけれど

    

程よい距離感が心地よい

つかず離れずの家を建てました