うちと中庭とそと



人が心地よいと感じる場所は常に変化します。

一日のはじまりである朝を迎え、朝食を取るところは

明るく開放的な空間が適しています。


友人と語らったり、落ち着き安らいで眠るところは

壁で囲われた空間が適しています。


    

動物であることを忘れがちな現代人ですが

人は本能的に自らの気分に適した空間を探し、選択しています。

そして住む人が自らの気分に合わせ、自由に居場所を選択できることに

豊かさのヒントがあると考えています。


    

私たちは周囲の環境を考えた建築をつくり

「うち」と「そと」をうまく組み合わせることで

4つの居場所をつくります。