わたし の はなれ



「わたし の はなれ」STORY


フランスの田舎町にあるような古さの似合う牧歌的な家。

それがわたしの住みたい家だった。

赤茶色の切妻屋根に薄いピンク色の外壁。

ターシャ・テューダーがつくっているような美しい庭で、

植物や花々に季節の移ろいを感じ、

休日に庭のハーブを使って料理をつくる。

15年前、わたしの憧れを一緒になってかたちにしてくれたのが篠屋だった。


そんな〈母屋〉で理想の暮らしを送り

今わたしの夢はまたひとつ膨らんでいた。

今度は〈はなれ〉をつくりたい。

大好きなカレーを、みんなにもっと知ってもらえたら・・・。

ここに来たみんながこころもからだも元気になるようなお店

イメージはそう、スリランカのアーユピヤサ。

その想いのつづきは・・・