中庭のある暮らし

中庭のある暮らし

「プライバシーを守る暮らし」と「明るい光や心地のよい風をとりれ開放感のある暮らし」を両立することのできる中庭のある家。篠屋では、今までに数々の中庭がある家を建築してきました。


家づくりをするときに、大きな窓を設けて景色を愉しんだり、室内に明るい光が差し込む開放的な空間にしたい方も多いと思います。

しかし、大きな窓にすることによって外からの視線が気になったり、カーテンを閉めっぱなしにしなければいけなかったりと、結果的に閉鎖的な暮らしになってしまう場合もあります。



間取りに中庭を組み込むことによって、窓がある部屋が増え開放的ながら安心してくつろげるプライベートな空間をつくることができます。

中庭でバーベキューをしたり、小さなお子さまを自由に遊ばせたり、お天気のよい日は昼寝をしたりと…暮らしが一層豊かになります。



   

『コの字型』の中庭

中庭をコの字で囲むような間取りの家です。中庭を設置する多くの家がコの字型です。

庭を完全に囲まないので、外部との一体感があり広々としたイメージの庭をつくることができます。





一方に格子やついたてにすることで、プライベートな空間を確保できます。






   

『ロの字型』の中庭

中庭をロの字で囲むような間取りの家です。

中庭が家や壁に囲まれていて、外から見ることのできないプライバシーが守られる庭を実現することができます。





防犯の面でも安心感が高まり、お子さまが道路に飛び出す心配もありません。





中庭を中心にした回遊動線の間取りも可能になります。




   

その他の中庭

家の端に中庭がある家です。

セカンドリビングとしてバーベキューなどプライベートなアウトドアも楽しむことができます。





また、二世帯住宅などの場合は二つの家の間に中庭を設けることによって、ほどよい距離を保つ空間としても活用できます。



篠屋木材工業では、ひとつひとつの土地や暮らしにあった中庭の形をご提案いたします。お気軽にご相談ください。